1日3分で、お子さんの演奏が素敵に大変身する練習法♪

いつもご訪問いただきありがとうございます(#^.^#)

 

 

お子さんの演奏を聴いていて、

 

間違えずに弾けてるし、強弱もついてる。
テンポだって正確だし。

 

何が悪いってことはないけれど・・、

 

パッとしない演奏。

何だか冴えない演奏。

お坊さんのお経のように平坦な演奏。

 

もっと表情つけて!

もっと音を感じて!

もっと訴えるものが欲しいのよ!!

気持ち込めて弾いてるの!?

ハイ。
本番が近づいてくると、
よくあるお家での練習の光景です。

 

お母さまのお声が聞こえてくるようですよ。
おっしゃること、よ~く分かります。。(._.)

 

 

何だか物足りない演奏を
もっともっと素敵にしたい・・!

 

 

いったい、どうしたらいいの!?

 

 

では、どうしたら、どんな練習をしたらいいのでしょうか?

 

林のおススめ、3分でできる練習法
今日はお伝えしようと思います。

 

 

興味のある方は、このままご覧くださいね(^_-)-☆

 

 

まず、お子さんが今習っている教材の
1~2ランク下くらいのレベルの曲集をご用意
ください。

 

 

ご用意する楽譜は何でも構いません。

 

ポイントは、
今のレベルよりやさしい曲。

 

 

そして、短い曲

 

 

導入期のお子さんなら8小節位の曲。

 

初級のお子さんも
1ページに収まる程度の小品で良いし、

 

中級程度のお子さんも
1~2ページに収まる程度の曲で充分です。

 

テキストが進級するのは、
お子さんも大変嬉しいことだし、
モチベーションアップに繋がります。

 

 

ですから、それはそれとして、、

 

別に楽譜を1冊ご用意くださいね。

 

 

そして、それを順番に1曲ずつ、

 

読譜をさせて、
音楽的に仕上げるところまで
全部お子さん一人でやらせてみてください

 

 

音楽的に仕上げるとは、
発表会やコンクールで演奏するくらいのこと
を言います。

 

要するに人前で演奏して
拍手がもらえるくらいのレベルまで仕上げるのです。

 

一人で?

 

ハイ。そうです。

 

大丈夫かな・・?

 

心配ですか?

 

でも、大丈夫ですよ!

 

レベルを落としているから、
お母さまの手を借りなくても読譜出来るはずだし、

 

弾くのに余裕がありますから、
どんなふうに表現したら素敵になるか、
自分の頭で考えることが容易にできる
のです。

 

 

それを毎日繰り返す。

 

このレベルを落とした教材を使う練習法は、
以前このブログでもご紹介しましたが、
数をこなすことで初見を強くすることも出来ます。

 

 

それは読譜力強化にもつながりますよね。

 

 

いいことがいっぱい詰まった練習で~す(^o^)丿

 

 

ぜひ、毎日の練習に3分程、
この練習法を取り入れてみてください

 

きっと1冊終える頃には、
見違える程素敵な演奏が出来るくらいに
上達していることでしょう。

ぜひ、今日からお試しあれ~(^o^)丿

 

一緒に協力してお子さんを成長させていきましょう。

 

いつも応援しています♪♪

 

☆☆☆

林ピアノスクールは、
ピアノを通して音楽大好き人間を育てます!
そして、
強い心と喜びの心を育てていく教室です。

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

ちなみに、現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになられていらっしゃいます。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。

まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

LINEでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後、LINEの「トーク」よりご連絡ください。

友だち追加

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原3ー3ー47

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停富原下車徒歩3分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ

お問い合わせ・お申し込みはコチラをタップ↓


ネット
 

お電話

LINE