校内合唱コンクール伴奏の練習ポイントは?

いつもご訪問いただきありがとうございます(#^.^#)

 

この時季になると、小中学生は、校内音楽会に向けて
オーデイションや、ピアノ伴奏の練習に励んでいるようですね(^^)v

 

 

「先生、合唱コンクールの伴奏に選ばれたんですけど、
どんなことに注意して練習したら良いですか?」

 

さすが、うちの生徒ちゃん達( *´艸`)
練習のポイントを質問してくるなんて・・♪♪

 

成長したものです!!(^^)v

 

音楽会シーズン♪♪

今、一生懸命ピアノ伴奏の練習しているあなたへ・・。

 

ちょっとでも、お役に立てれば・・と思い、
過去記事再アップします。

 

興味のある方は、ご覧いただき
参考にしてくださると嬉しいです(^^♪

 

・・・・・ここから・・・☆

 

2学期、松江市内のほとんどの小中学校で、音楽会が行われます。

 

中学校は、校内合唱コンクールという形で
県民会館又はプラバホールでの披露となります。

 

当スクールの生徒さん、
ピアノ伴奏は勿論のこと、指揮やパートリーダーを担当したりと
学校でも大活躍!

 

どうやら皆をリードして頑張っているようですよ(*^-^*)
嬉しいですね♪♪

 

レッスンの時でも伴奏曲となれば、目の輝きが違います・・(*^^*)
気合い、が感じられますよ(*^^)v

 

そこで今日は、
合唱コンクールの伴奏のポイントをお伝えしますね♪

 

★テンポを守って、弾きましょう。

曲の最初にテンポの指示がありますよね。
例えば、四分音符=96とか、
Moderato(モデラート中くらいの速さで)とか。

曲の途中で、テンポが変わる場合もあります。
それぞれの速さをメトロノームに合わせ練習します。

決して、自分勝手に速くしたり
遅くしたりしないように

テンポを保って弾く練習をしっかりとしましょう。

 

★リズム感を大切に弾きましょう。

合唱曲ならではの雰囲気、リズム感。

長い曲の中で伴奏パターンが変化する曲もあります。
リズムが乱れないよう気をつけて練習しましょう。

左手のベースは、大切です。
右手の和音が多い場合、右手が大きすぎてやかましくならないよう
左右のバランスしっかりとってください。

 

★曲想を大切に弾きましょう。

その曲の特長を掴んで歌声と共に
強弱をしっかりつけて弾きましょう。

伴奏だからといって、小さ過ぎては貧弱になってしまいます。
かといって、大きすぎてもいけません。

歌声とのバランスには注意しましょうね。

 

★曲の途中で止まらないように弾きましょう。

たとえ、片手になっても、ミスしても
途中で弾きなおしたり、止まったりしないで弾きましょう。

長い曲です。

今、歌がどこを歌っているのか
楽譜を良く目で追いながら

一緒に音楽にのって弾けるようにしましょう。

SN3V0468

参考になりましたか?(*^-^*)
続きは、レッスンでお伝えしましょうね。

 

素敵な1曲になりますように(^_-)-☆

いつも応援しています♪♪

 

 ☆☆☆
林ピアノスクールは、
ピアノを通して音楽大好き人間を育てます!
そして、
強い心と喜びの心を育てていく教室です。
 
 

 

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

LINEでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後、LINEの「トーク」よりご連絡ください。

友だち追加

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ

お問合せ・お申込みはココをタッチ