【ピアノ指導者向け】保護者の方とのコミュニケーション編

いつもご訪問いただきありがとうございます(#^.^#)

 

今日は、ピアノ指導者の方へ向けて・・♪♪

 

興味のある方は、ぜひご覧くださいね(^_-)-☆

「ピアノ講師のための指導法セミナー」お申込み、
ありがとうございます!!

 

 

遠方の先生にはオンラインにてお受けしております。

 

 

只今、お悩みの先生方に向けて、
レポートを作成しています(#^.^#)

 

 

これは、これまで個別にご相談いただき
解決したものをまとめたもの。

 

 

レッスンにお悩みの先生方に
少しでもお役に立てればと思っています。

 

 

ご希望の方には無料で
プレゼントさせていただこうかと(^_-)-☆

 

 

もう少しで、完成です(^^)v

 

詳細は、こちらのブログでお知らせしますので、
もう少しお待ちくださいね。

 

各地でコンクールが開催されていますね。
先生のお教室は、どういう状況でしょうか?

 

昨年より、コンクールに向けての指導法レッスンを受講してくださっている
50代の先生からこんな嬉しいLINEが届きました\(^o^)/

この先生には、生徒さんの演奏を動画で送信してもらい、
チェックポイントを申し上げました。

林先生ーーー

さすがです!!
本当に先生の言葉掛けはイメージが沸いてワクワクしてきます。
そして、早く弾いてみたくなります。

こんなふうに声掛けを生徒さんにされておられるのですねーー。
そりゃー皆さん立派にお弾きになるのがわかります。
そうですよねーー、
感性を育てないといい音楽になりませんねー。

テクニック面の指導も大変分かりやすく
生徒さんにも伝えやすいです。
本当にありがとうございます。
木曜日に生徒さんが来ます。
それまでに私が研究します。

いつも的確な指導、
気持ちが前向きになるお言葉掛け

ありがとうございます。

 

こちらこそ、ありがとうございます。
お役に立てて、私も嬉しいです(#^.^#)

 

さて、、本題です(^o^)丿
本日は、保護者の方とのコミュニケーション編

 

先日、嬉しいご報告が届きました。\(^o^)/

 

発表会を目前に控えた先生が、
リハーサル(弾き合い会)を開催されたそうです。

 

なのに、全然仕上がっていない?状態の生徒さんもおられて、
先生ご自身が、もう、毎日、胃が痛くなる思いなのだと・・。(-_-)

 

このままでは、発表会どころではないっ!!!
何とか、今の状態をお母さまにお伝えし、
お家でも協力体制で本番に臨んでほしいんです!!

 

で、、、

「いろいろ言いたいことがありますが、
押しつけがましくならないようないい表現はないかなー?
あー!怖すぎます。・・・略・・」

どんな文章でお伝えしたら良いんでしょう・・?

 

 

あるある、ですよね・・。(-_-;)

 

いますよ。
どこのお教室にも。

 

本番が近いこと、分かってるのかな?って
疑問に思う生徒ちゃんが・・。(-_-;)

 

 

そこで、速攻LINEで参考文章を送りました。(^^)v
そして、先生ご自身のことばに替えて、
保護者さんに送信されたのです。

 

「ありがとうございます♡さすがです。
保護者さんへの伝え方、こんなふうにいつも先生は、
押しつけじゃない、自然な文章で発信されておられるから、
保護者さんも協力体制でおられるのですね。
・・・略・・大変勉強になりました。ありがとうございます。
どうせ言ってもわかってもらえないと思っていましたが、
言わないと伝わらないと思いました。」

 

と、、大変喜んでいただきました。(*^-^*)

結果はすぐに表れましたよ。

 

「林先生~あのラインにお返事くださった方、二人おられました。
なんか嬉しいです。先生読んでみてください!」

 

と、保護者さんからのLINEをが送られてきました。

 

そこには、本当に心から先生のことをお慕いし、
発表会に向けてもっと真剣にならなくてはと、
決意表明が書かれてありました。

 

「林先生~先生には、色々アドバイスいただいたお陰あっての
このような保護者さんからの言葉だと思うので
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
いつもこんな私と一緒に感激して下さったり、
悔しがってくださったりありがとうございます♡」

 

喜んでいただけて私も嬉しいです。(*^-^*)

 

次の記事は、再アップ記事ですが、
よかったらご覧くださいね。

 

・・・・ここから

 

今日のお悩みは、こちらです。(再アップ記事です)

先日、コンクールに向かう生徒さんをご指導されている先生から
こんなご相談をいただきました。

「最近、親御さんとのコミュニケーションがうまくいかなくなってきてどうしたものかと・・。
コンクールは近づいてくるし、何とかしなきゃと思うんですけど。
曲の取り掛かりは良かったのですが、ここにきて、停滞中といいますか、伸び悩んでいるんです。
お母さんとも最初の頃は熱心にLINEのやりとりしていたんですけど、
ここへきて、反応がイマイチで、適当なスタンプで終わりになってしまっているんです・・。略・・」

 

少しでも参考になれば嬉しいので、
よろしかったらお読みください(*^-^*)

 

今回のご相談は、
40代の先生からのものです。

 

コンクールには、
毎年3~5名ほど参加しているようです。

 

 

生徒さんの所有楽器は
アップライトピアノと電子ピアノが半々くらいだそうです。

 

お話の様子から、
とても熱心にご指導なさっているのが伺えました。

 

生徒さんがある程度弾けるようになってきた・・。

 

本当の練習は、ここから!
なんですけれども、ね。(^^ゞ

 

生徒さんと親御さん、そして私達指導者との
温度差をなるべく縮めたいところです。!(^^)!

 

先生のお話を伺っていて気付いたことがありました。

 

それはダメ出しの連続です。

 

「先週言ったんですが、〇〇のところが出来ていませんでした」

「この4小節目の箇所、リズム練習するように言ったんですが練習してないって・・。」

「今日も〇〇がダメでした。」

「まだ、テンポがここで遅れます。メトロノームで合わせましたか?・・・練習が足りませんね。」

「通し弾きばかりでは、駄目ですと言ったはずですが・・」

 

 

どうですか・・?

 

これでは、お母さまも疲れてしまいますよ。

 

指導している立場からすると
全く足りていない練習でも、

 

そのお母さまにしたら
一生懸命やってくださっているかも知れません。

 

そんな時、このようにダメ出しの連続でお伝えしたら・・、
一気にやる気が失せるのではないでしょうか。

 

何をどう伝えたら、
生徒さんが成長出来るか・・
を考えてアドバイス
しましょう。

 

そして、伝え方にもちょっと、一工夫♪(#^.^#)

 

先ずは、

お子さんのちょっとした
よい変化をお伝えしましょう

 

お話するのは、
先ずはよいことから
ですよ!(^_-)-☆

 

それから、マイナスの情報へ。

 

お話する順番が、あるのです。

 

是非、お試しくださいね♪♪

 

只今、ピアノ講師の方に向けて
個別相談受付中です。(オンライン可)

 

 

教室HPのLINE@からご連絡いただくか、
09082487614林までお電話くださいね。

 

 

今更、誰にも聞けない指導の悩み・・
もし、それが解決したらどんなに良いことか・・。

 

どうぞ、気になることを解決して、
日々楽しんでレッスンしてください。

 

明日から即使える知識を
学んでいただければと思います。

 

こちらもぜひ、ご覧くださいね。(^_-)-☆

↓   ↓   ↓

ピアノ講師のための指導法セミナー

ピアノ指導者向け★生徒さんが劇的に変わる魔法の言葉

ピアノ指導者向け★レッスンで子供にこんな言葉掛けをしていませんか?

ピアノ指導者向け★男の子がやる気になる魔法の言葉掛け

09082487614林までご連絡ください。

★★★

林ピアノスクールは、
ピアノを通して音楽大好き人間を育てます!
そして、
強い心と喜びの心を育てていく教室です。

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

LINEでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後、LINEの「トーク」よりご連絡ください。

友だち追加

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ

お問合せ・お申込みはココをタッチ