【指導者向け】生徒さんのやる気を引き出す「どうしたら?の魔法」

いつもご訪問いただきありがとうございます(#^.^#)

 

指導者の方へ♪

 

生徒さんのやる気を引き出したい!!

どうしたら?の魔法

 

生徒さんが、まったくやる気を見せなくて・・。
どうしたらやる気を出して練習するようになるんでしょうか?

 

毎週毎週、練習してこないんですよ。
「なんで練習してないの?先週約束したでしょ?」って言っても
「だって宿題がたくさんあって・・・』と。

 

忙しいのは、わかりますが、言い訳ばっかりするんですよ。
私も子育ての中で、忙しい時間割いてレッスンしてるのに・・・。
そう思うと、ついイラっとして怒ってしまうんです。

 

そして、自己嫌悪・・・。
そのくり返しなんです。
そんなことをくり返してるうちに、
だんだん私もやる気が起こらなくて、
その子のレッスンが近くと憂鬱で・・・。

 

 

ため息まじりにお話しくださる30代の先生・・、
切実なお悩みのようでした。

 

 

実は、このようなお悩みを耳にすることは少なくありません。

 

 

もしかしたら、今、ご覧くださっている先生の中にも、
こんなご経験がおありかもしれません。

 

 

でも、これはね「言葉がけ」をちょっと変えるだけで、
劇的に生徒ちゃんが変わるんですよ(^^)v

 

 

では、どんな言葉がけがよいのでしょう?

 

それをお伝えする前に、まず
「なぜ、練習できないの?」という
問いかけをやめてみてください。

 

 

なぜなら「なぜ?」や「どうして?」と問い詰められると、
人は反射的に“言い訳”を考えはじめるんです。

 

 

先生「なぜ、練習できなかったの?」
生徒「だって、〇〇なんだもん。」、
「だって、〇〇なんだからできないよ。」

 

 

こんな会話がつづいたら、
お互い気分がよくないですよね(-_-)

 

 

そこで「なぜ」から「どうしたら」に変えてみるんです。

 

 

英語で言えば「Why」から「How」に変えるんです。

 

 

「どうしたら練習できるのかな?」
「どうやって、練習時間作ろうか?」
「どうしたら、もっとピアノが上手くなると思う?」

 

 

この質問をご覧いただいただけでも、
前向きな気持ちが湧いてくるのが感じられるかもしれません。

 

 

「練習できなかった」という
過去に意識を向けるのではなく、

 

 

これからどうしたたら「練習できるようになるか?」という
未来に意識を向ける言葉がけをしてあげてください。

 

 

欠点に焦点をあてるのではなく、
うまくいく方法を考えましょう。

 

 

すると、子どもたちの思考も前向きなものへと変化します。

 

 

そして、それが子どもたちの
「やる気」を引き出すコツでもあります。

 

 

このような言葉がけによって、
子どもたち自身が前向きに改善点を考えるようになるんですよ。

 

 

さて、冒頭でお悩みを打ち明けてくださった先生にも
このようなアドバイスをお伝えしました。

 

 

すると、後日、こんなご報告をいただきました(^o^)丿

 

 

林先生に言われてから、生徒に対する言葉がけを気をつけるようにしています。
おかげさまで、
生徒たちは自分で練習回数や、練習時間を考えて決めるようになってきました。
自主性が芽生えてきたようです。

 

今までは「ここを片手練習5回ずつ、毎日練習しなさい」「はーい。」という感じで
私が指示していました。
でも、生徒は忘れてやってこないので、
注意することをくり返してばかりいました。

 

けれど、先生のアドバイス通りの言葉がけの仕方を変えたら、
生徒が自分で「ここを左手の練習5回ずつしてくる!」などと
言うように変わってきました。
親御さんも子供がピアノに向かう日が増えたと大喜びでした。

 

私の気持ちも前向きに考えられるように
なってきたように思います。

 

生徒さんばかりを責めるのでなく、
まだまだ私も勉強しないといけませんね、
反省です。

 

たくさんのヒントを頂きありがとうございました!!

 

 


毎日のレッスン、充実していますか?

 

ずっと何か悩んでいませんか?

 

 

先生のお悩みを解決して、
毎日ワクワク充実したレッスンライフを
送っていただきたいと願っています。

 

 

学びたい内容を学びたい時に、個別に!

 

 

レッスンについてのお悩みは、
日々起こりますし、その内容は多岐に渡ります。

 

 

そのために、個別でじっくりとお話をお伺いし、
先生のお悩みを解決できればと。

 

 

興味のある方は、こちらをご覧ください。

ピアノ講師のための指導法セミナー

 

お申込み、及びお問い合わせは、LINE@から、
又は
09082487614林までお電話くださいね。

 

ピアノの先生の幸せを願って

いつも応援しています♪♪

 

林けい子

 

☆☆☆

林ピアノスクールは、
ピアノを通して音楽大好き人間を育てます!
そして、
強い心と喜びの心を育てていく教室です。

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

LINEでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後、LINEの「トーク」よりご連絡ください。

友だち追加

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ

お問合せ・お申込みはココをタッチ