【指導者向け】指導法&運営法☆どんな教室にしていきたいのですか?

ご訪問いただきありがとうございます。(#^.^#)

 

今日は、ピアノ指導者の方へ♪

 

日々のレッスン、ワクワクしていますか?

楽しんでレッスンしていますか?

生徒さんが来るのが待ち遠しいですか?

 

 

新しい時代がやってきましたね♪♪

令和の時代、
幸せなレッスンライフを送るために

日々のお悩みを解決し、
前向きに、情熱を持ってピアノに向かいませんか?

 

 

「昔の保護者さんと違って今の保護者さんは・・・・」

 

指導者の方からいただくご相談の中で、
最近このフレーズがよく出てきます・・(-_-)

 

平成の時代から令和へ。
ピアノ指導歴35年の林です。(#^.^#)

確かに昭和の時代からレッスンしている私から見ても
時代は急速に変化しています。

「昔」と「今」の違いをしみじみ感じますよ。。(^^ゞ

 

いったい何が違うのでしょうか?

 

今は、昔に比べ「物」も「情報」も確実に豊かになってきました。
今のお母さま達は、教室に対して明確なご要望をお持ちなのです。

自分の欲しい情報がすぐ手に入るようになった今、
「これは、ちょっと違うのではないか?」と
今置かれている状況を即座に判断することが可能になりました。

コミュニケーションツールも今やLINEが主流。
ちょっと前まではメールでしたし、その前は電話、もっと前は対面・・。

この移り変わりも早い・・!
私なんぞ、ついていけません・・・((+_+))

 

ですが、、、そんなことばかり言ってられませんよ。
今の時代を共に生きていくのですから、

 

指導者の方も、柔軟な頭と姿勢で対応して頂きたいと思います。

この時代の流れにうまく乗ってほしいと思います。

しかし、これだけニーズが多様化してしていきた中で、
すべてのご要望に応えるのはちょっと無理がありますね。

 

そこで、考えていただきたいのが

 

あなたは、どういうお教室にしたいのですか?

 

ということ。

 

「〇〇教室はどんな教室なのか」

 

先ずはこれを明確に示すことです。

 

きちんとご自分の中で軸を定めた上で、
お教室を運営していただく必要があります。

そうでないと、いつまでも振り回されて疲れて終わります。
何年経っても、レッスンが楽しくありません。

 

先日のご相談事例をご紹介しましょう。

「保護者の方からのクレーム対応をどうしたらよいか」

ご相談の先生は悩んでおられました。

保護者さんからの要求にはどうしても答えられない。
その場合どうやってお断りすれば良いのか

 

私はこのようにアドバイスを差し上げました。

いったん「分かりました。考えてみますので少し時間をください。」と
まずはその場をおさめてくださいと。そして、2~3日後に
「考えてみましたが、どうしても〇〇は困難なのです。申し訳ございません。」と
お断りしましょうと。

 

このようにご要望に応じられない場合でも即「ダメです!」ではなく
時間を少しおいてから、言い方を考え、ちょっと変えるだけで
保護者さんに気持ちが伝わりやすくなる場合があるのです。

 

「先生、ありがとうございます!!言い方って大事ですね~。
あんなに鼻息荒く言われたのになんか拍子抜けするくらい、
すんなりおさまりました。
ホント、助かりました。」

 

先生のお悩みも解決して私も嬉しかったです。(^^)v

 

お教室のブログ記事についてのご相談事例でも、

実際何をどう書いていいのかわからない・・。
文章を書くのが苦手で・・ダラダラと書いてしまうんです。。」

というお悩みでしたが、読むというより「見せる」→「魅せる」ブログに!
とアドバイスさせていただきました。

 

とても喜んでくださり、こんな嬉しいお言葉が(#^.^#)

 

「ブログの書き方、参考になりました!!
どんな言葉でどういう風に伝えたらいいのか勉強になりました。
文章もリズムなんですね♪

今月、生徒募集をしようと思うので、添削して貰えますか?」

 

「ハイ!もちろん、喜んで!!」(^^)v

 

ここでも、やはり大切なのは、
先生のお教室はどういうお教室なのかということ。

 

最初から、
軸をしっかりと持ち、それを示しておくことが、
後々スムーズに運営できるポイント
です。

 

教室運営や指導法について、
直接お悩みを伺い、
よりよいお教室づくりを目指します。

 

先生ご自身に合ったやり方で、
無理なく進めていけるように
ご相談しながらプランを立てて導きます。

 

先生ご自身がお勉強されたことを活かし、
生徒さんに還元できるようなレッスンを心掛け、
お教室のレベルアップを目指しましょう。

 

詳細はこちらをご覧いただきご連絡ください。
↓   ↓   ↓

ピアノ講師のための指導法セミナー

 

お申込みは、教室ホームページLINE@から
または、09082487614林まで直接お電話くださいね。
(要予約)

★☆☆

林ピアノスクールは、
ピアノを通して音楽大好き人間を育てます!
そして、
強い心と喜びの心を育てていく教室です。

オンライン体験レッスンを試してみませんか?

現在、当スクールではオンラインレッスンを行なっています。

教室とご自宅などを無料のビデオ通話でつなぎ“いつもとは違う、おもしろいレッスン”を行なっていますよ。

オンラインレッスンに寄せられた“よろこびの声”

オンラインレッスンでここまでしっかりと指導して頂けることに感激です!!自粛中ですが、こんな時こそ思いきりピアノを頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。(小3:Nちゃんのお母さま)

学校が月末まで、休校になりなかなか大変ではありますが、こうやってレッスンがうけられるのでモチベーションが下がらず有難いです(#^.^#)(小4:Oちゃんのお母さま)

先生の話を集中して聴こうとしているなあと思いました。オンラインだと先生のひとつひとつを聞き間違えないようにと思うのかもしれません。(小6&小1:Fちゃん姉妹のお母さま)

オンラインレッスン時の前後に送っていただいた先生のコメントつき楽譜の画像、大変助かりました。その後の練習の時に見ながら確認できて良かったです。(小2:Yちゃんのお母さま)

ツェルニー、自分で譜読みをして練習できるのもあり楽しかったようです。最近お家での時間が少し長いようですし、体力的にも余裕があるようで自分から、色んな曲の階名を自由帳に書いて楽しそうに練習しています。(小2:Kちゃんのお母さま)

先ほどは、ありがとうございました(*^^*)先生のお顔が見れて元気をいただきました♪オンラインなのに丁寧に分かりやすく説明してくださりありがとうございました。(小6:Fちゃんのお母さま)

ありがとうございます(*^^*)うちで練習する姿を見てもらえたのも良かったです。(小2:Hちゃんのお母さま)

昨日はオンラインレッスンありがとうございました。初めてでドキドキしていましたがとても楽しかったみたいです(*^^*)途中、カメラの調子が悪く音声だけになったときも、とても分かりやすく教えていただきありがとうございます。

「優美」についてもいただいたアドバイスをしっかり練習したいと思います!発表会の曲も褒めていただき喜んでいます!引き続きよろしくお願いいたします。(小3:Nちゃんのお母さま)

先日のオンラインレッスンもとても楽しく勉強になりました。ありがとうございました。(30代女性:Tさんより)

やはり動画に記録してみようとすれば、練習にもメリハリがついたようです。添削していただいた点に気を付けてもう少しだけテンポを上げてみようと思います。(中3:Oちゃんのお母さま)

レッスン終わってすぐ、以前教えていただいたドレミ楽譜をやり、その途中で今動画を見てやり始めました。凄く楽しそうです!自粛中、家族意外とコミュニケーションがとれて〇〇にとってかなりよい時間となりました。

リモートで、少し不安でしたが、実際やってみると先生が色々工夫してくださったおかげでとってもわかりやすかったです!ありがとうございました。(小5&小1:Kちゃん兄妹のお母さまより)

先生、たくさんの楽しいコンテンツを紹介していただきありがとうございます。親子で楽しもうと思います!(中1&年長:Sちゃん姉弟のお母さま)

二人とも集中してお話がきけたように思います。家での練習姿勢も確認していただけて、オンラインならではのメリットもあると勉強になりました。

事前に動画を確認していただくなど、先生にはお忙しい中かなりお手間をかけていただいているように思います。事前のアドバイスが大変分かりやすく、レッスンで更に理解が深くなったと思います。ありがとうございました。

秋口までのコンクールが全て飛び、休校も長引き、気持ちが乗らないことも多くなってきました。流行りの曲の楽譜も取り入れながら何とか興味を失わせないよう、と苦心する毎日です。こんな中、お手間をかけていただき、変わらずレッスンしてくださることに大変嬉しく感じています。(小6&小3:Nちゃん姉弟のお母さま)

私は、いつどんなときでも「音楽の楽しさ」を伝えつづけます!

必ず逢えるその日まで、オンラインで音楽とつながりませんか?。

contact_sp

LINEでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後、LINEの「トーク」よりご連絡ください。

友だち追加

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ

お問合せ・お申込みはココをタッチ