言葉がけひとつで、お子さんは変わります!(^o^)丿

「なぜ、出来ないの?」

「どうして、出来ないの?」

 

お家でお子さんと一緒に音読み、

「ここは、ド、短い線のくし団子」

「レは、頭がくっついてるでしょう?」

・・・・?・??・・???・・

もう、何回も何十回も言っているのに・・・

「どうして?分からないの?」

 

ピアノ練習中、

両手で合わせるのが、

どうしても出来ない!

何回やっても、

同じところが出来ない!!

「どうして、出来ないの?」

 

もしかして、、、

お子さんに

こんな言葉がけ、

していませんか?

 

もしかして、

この言葉は、

宿題等を見ている時も

つい口にしてしまう言葉、

NO1かも知れませんね・・!

 

なぜ?

どうして?

 

という言葉をお子さんにかけると、

このように返って来ませんか?

 

「だって・・・・だもん!」

 

そうなんですよ。

 

なぜ?

どうして?

という言葉をかけられると、

人は理由を考えるのです。

 

そうです。

言い訳、です。

 

子供は、毎日の積み重ねで育っています。

何回言っても駄目なら、

伝え方を変えながら、

何回も何十回も言い続けましょう。

 

そして、

「なぜ?」

「どうして?」

ではなく、

 

「どうしたら〇〇できるかな?」

と言葉がけを変えてみましょう。

 

どうしたら、この場所、

両手で出来るようになるかな?」

「レッスンで、先生は、何て言ってた?」

どんなやり方で練習しなさいって言ってた?」

 

どうしたら、出来るかな

 

お子さんは、

言い訳を考えるのではなく

思考が前向きになり

どうすれば出来るようになるかを

考えるようになりますね。

 

そして、どんな小さなことでも見つけて

「もう、ここまで出来たの?凄い!」

褒めてあげたいですね。(#^.^#)

 

お子さんは、生まれて、何年ですか?(*^^*)

話すことも出来なかった、

文字も書くことが出来なかったお子さんが

ピアノを弾けるようになっていくんです。

少しずつ、

少しずつ

成長しているのです。

 

焦りは禁物ですよ。

 

最後にもう一度言います。

 

子供は、毎日の積み重ねで育っていることを

忘れないでください。

 

お子さんを一緒に協力して成長させていきましょう。

 

いつも応援しています♪♪

 

是非、此方の記事もご覧くださいね。

↓  ↓  ↓

子どもにピアノ練習させたいなら

 

 

 

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ