楽しく読譜力をつけましょう(^o^)丿

読譜の記事をアップしたら、お母さま方だけでなく

ピアノ指導者の方からも

「もっと知りたいです!」との反響が(^^;)

う、嬉しいです( *´艸`)

ありがとうございます。

という訳で、、お役に立てるのであれば、、と

今日も続いて読譜の話になります。

興味のある方は、ご覧くださいね。

ピアノの楽譜は、大譜表で書かれています。

上の画像が大譜表。

ト音記号の五線とへ音記号の五線が

縦線で繋がり大カッコで結ばれています。

これって、当たり前・・って思うのは、

実は、ピアノを習った経験のある人だけで、

他の楽器の方は、

ト音記号、或いは

へ音記号のみ、なんですね。

こんな感じです(^^♪(下の画像)

これは、ソプラノリコーダーの楽譜です。

ト音記号の五線のみ、ですね。

何が言いたいかと言いますと・・

速く譜読みが出来て、

ピアノを弾けるようにするために

必要な事は

大譜表に慣れること

先ず、ここが大事なポイントです(^_-)-☆

そして、下の画像のように大譜表で、

音程読みをしていきます。

音程とは、音と音の距離。

音楽では、となり同士の音を2度音程、

ひとつ飛びの音を3度音程と数えます。

だいたい楽譜の90%がこの2度、3度音程と言われていますから、

これを速く読めるようにすれば、

譜読みは確実に速く出来るようになるという訳です。

下の画像は、左上が3度音程、左下が5度

右上が2度、右下が4度です。

そして、単音読みも、楽しくするために・・♪

こんな感じで、ファイルにしてみました。

よ~いドン!!で、指定してある音を探し出します!

これがまた、最近うちの生徒ちゃんには、大人気なんです(#^.^#)

へ音記号のシの音、ラの音探し(上の画像くまちゃん、ワニちゃん)

ト音記号のレの音、真ん中のドの音探し(下の画像ワンちゃん、ネコちゃん)

やっぱり、欠かせないのが、タイマーです(^_-)-☆

先週は、8秒、6秒、5秒と次々記録更新!

たった3秒で、

8個の音探し完了~という生徒ちゃんもいましたよ。

凄いわね!!(*^▽^*)

他にも、知りたい方は、此方の記事を

参考にしてくださいね(^_-)-☆

↓   ↓    ↓

読譜力をつける方法

いつも応援しています♪♪

 

★☆お知らせ☆★

ピアノ指導者の方で、まだ日が浅い方・・・

実際すぐ現場で活用できる指導法をレッスンします!!

ご希望者は、ご遠慮なく連絡くださいね。

指導歴33年で培ったレッスン方法・・

惜しみなくお伝えします。

レッスンは、要予約。

090-8248-7614林まで

 

 

 

 

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ