拍を正しくとるために必要なこと(^o^)丿

今日は、拍子感についてお伝えしたいと思います(^_^)/

いきなりですが、、お子さんの楽譜を広げてみてください。

ト音記号やへ音記号の次に数字があるでしょう。

4分の2拍子 4分の3拍子 4分の4拍子(Cと書かれているのは略記号です)

8分の3拍子 8分の6拍子・・・

 

1拍目が強拍で2拍目は弱拍・・・そういえば習いましたよね(^^;)

何だかわかったような、分からないような、

頭で理解できていても、

ホントのところよくわからない人、多くないですか?

でも、演奏する上では、この拍子

とても大切な要素なんですよね。

 

その曲の拍子感を体で感じながら表現する

これが曲を生かす最大のポイントとなってくるのです!!

 

 

音楽は、2拍子、3拍子・・というある一定の区切りが繰り返されます。

1拍目が強拍、2拍目が弱拍・・といったように。

1拍目は重みを感じる拍と思ってください。

下向きのエネルギーです。(指揮者が指揮棒を振り下ろしますね、あれが1拍目です)

音を並べただけでは、平坦なつまらない音楽になりますが、

重みのある拍、軽い拍(弱拍)を感じられる演奏は

とても素敵な演奏になりますね。

 

ピアノの演奏技術を習得するために、

先ずは、この拍子感を体に取り組むことを

なるべく早いうちにしておくとスムーズに入れます。

リズム感も養おうとするときに

最初にしておくと良いのが

拍を正しくとることなのです。

 

うちの子、苦手かも・・と感じたら

お家でもお歌に合わせて、たんたんたん・・♪♪♪

ピアノ練習も音源を聴きながら、タンタンタン・・♪♪♪

拍を感じて手拍子したり、指揮してみたり、

音楽を体で感じることをいっぱいしてみてくださいね。

1478648625625

 

 

 

 

 

 

 

平坦で退屈な音楽から、流れのよい素敵な音楽へと

きっと、変わって来ますよ。

お試しあれ~(^_-)-☆

いつも応援しています♪♪

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ