ピアノを弾くために必要な機能とは?(^o^)丿

台風の進路が気になりますね・・。

学校も休校になったようです。((+_+))

 

今日は、「読書の秋」・・・(‘◇’)ゞ

ということで、本を読んでいます(笑)

 

その中で、ちょっと気になった

小児科医の本郷政子先生の記事をご紹介したいと思います。

私達は、普段無意識に行っている動作に

どんな機能を使っているかを

考えることはない。・・・(中略)

SN3V0426

 

 

 

 

 

 

 

「ピアノを弾くには、まず鍵盤を見て、

鳴らそうと思う音のところに指を運び、

鳴った音を脳にフィードバックして、

それで合っているかを判断します。

 

この目と手と耳の協応動作(同時にうまく働かせる動き)は、

とても高度な事です。

 

更に楽譜を見て弾く場合には、

弾くところよりも楽譜の少し先を読んで音符を記憶し、

指では記憶した音符を鍵盤に置き換え、

更に目で先の楽譜を追います。

 

そう考えるだけでも、

かなり複雑で

大変な作業だということがわかるでしょう。」

 

目と手の協応動作は、

ものを掴む、

持っているものを置く等の

日常動作の全てで行われていることです。

 

だとすれば、例えば、

手先を細かく使う職人さんは

この目と手の協応動作を

一生高め続けていると言えますよね!

 

では、ではピアニストは?

目と手ともう一つ加えて耳の協応動作を

磨き続けていることになる!

 

凄いことです!!

 

さぁ、ピアノの練習しようっと(^_-)-☆

 

いつも応援しています♪♪

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ