お月謝袋の渡し方・・(*^^*)

当スクールでは、毎月お月謝袋をお渡しして、

その月の第1週目までにご持参いただいております。

 

今日は、そのお月謝袋の渡し方について・・(*^^*)

 

その日、お父様と一緒にレッスンにやって来た小2S君。

お月謝袋を片手で持って「ハイ!」って手渡し。。(◎_◎;)

1478473109915

「あのね、お月謝袋は、こうやって両手で持って

お願いしますって渡すのよ。では、やってみましょう。」

 

S君、言われた通りにやってみました。

「おねがいします」

私も両手で受け取って

「ありがとうございます」

1472768927409

これを側で見ていらしたお父様が

「先生、きちんと教えて貰って、

ありがとうございます。

今は、何でも振り込みで・・

月謝袋を渡したりしないもんで・・」

 

小1Fちゃんの場合、

やっぱり、片手で

「せんせっ!ハイ!」と

ピアノの椅子の上にお月謝袋をポンと・・(◎_◎;)

1478473109915

そこで、私は言いました。

「Fちゃん、この中には何が入っているか知ってる?」

「お金でしょ。」とFちゃん。

「お金は、大事?それとも大事じゃないの?」

「大事なもの」

「では、ちゃんと両手で持って大事に扱いましょう。」

「うん、わかった。」

 

Fちゃん両手で持って、

無言でお月謝袋を差し出しました。

 

あと、一歩。(・.・;)

 

「おねがいしますって言えるかな?」

「だって、はずかし~」

「じゃ、一緒に言おうね。」

 

「さんハイ!」

 

「お願いします!」とぺこり。

「ありがとうございます」とぺこり。

 

「ねっ、気持ち良いでしょ?」

Fちゃん、ニッコリ笑顔です(*´▽`*)

1472768927409

 

昭和の時代は・・・

習い事の殆どが

お月謝袋を使用していたと思います。

 

時代は変わって・・

平成も28年が終わろうとしていますが(-_-)

習い事の殆どが

銀行引き落とし。

 

これでは、子ども達が

お月謝袋の渡し方を知らないのも

無理ありませんね。

 

でも、やっぱり私は、こういう事も知って

大人になってほしいなって思うのです。

 

社会に出て恥ずかしくないように・・

 

私は、ピアノの習い事は、

お子さんの成長にとって

意義のある習い事と信じています。

 

一緒にお子さんを成長させていきましょう。

 

色々な意味で・・

ピアノを習っていて良かった

そう思ってほしいから。

 

私が大事にしている事、今日は綴ってみました。

 

いつも応援しています♪♪

 

 

 

体験レッスン受付中!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

  • ピアノをはじめたいけど、どうしたらいいかわからない…
  • どんな雰囲気でレッスンするのかな…

そのような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで当教室ではご入会前に「体験レッスン」を提供しております。

現在ご入会されている生徒さんの多くは、体験レッスンを受けてみて入会をお決めになっているケースが多いです。

ピアノがまったくはじめてという方も、難しいことはありませんのでご安心ください。まずは音楽に触れ、ピアノに触れて楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

contact_sp

当ピアノ教室について詳しくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

林ピアノスクールの所在地

住所:松江市古志原4-15-20

JR松江駅より車で10分
JR松江駅よりバス停工業高校下車徒歩2分
山陰自動車道「松江東IC」出入口5分

駐車場もございます

サブコンテンツ